低金利の銀行系カードローンを選ぶときの注意

お金を借り入れしたいときに、金利の低いローンを利用したいと思うのはごく自然なことではないでしょうか。銀行系の消費者金融には、最高金利と最低金利があり、ある銀行では最低金利3.5%、最高金利12%と設定されています。

 

 

かりに10万円借り入れをした場合、金利は3.5%なら理想的ですよね。ところが現実は10万円程度の少額だと、最高金利の12%の方が適用されてしまう可能性が高いです。

 

借り入れの金額によって金利は変動する

 

実は銀行系の消費者金融は、借入額によって金利が異なるのです。借入額が高額になればなるほど金利は低く、借入額が少額なら高い金利を払うことになります。銀行系の消費者金融で、どこを利用するか検討する際、ぱっと見で「ここの銀行が一番低金利だからここにする!」と決めてしまいそうですが、自分が必要としている借入額にどの程度の金利がつくかをよく見定めた上で検討する必要があります。

 

例えば100万円の借り入れを希望しているとしましょう。銀行系カードローンで100万円の借り入れをすると、どの程度の金利になるか、銀行ごとに比較しなければなりません。最低金利3%の低金利を売りにしているA社があったとして、そこの100万円の借入額での金利は10%に設定されています。

 

では、別のB社では最低金利5%で100万円の借入額の金利が8%だった場合、どちらを利用した方がいいでしょうか。言うまでもなくB社です。最低金利が低いからと言って、自分が借り入れを利用する場合でも最低金利が適用されるとは限らないのです。

 

 

このように、低金利を前面に打ち出している銀行系消費者金融を選ぶ際は自分の希望する借入額を設定してから比較・検討することをおすすめします。

 

借入額によって金利が変わるので、最低金利だけで借入先を選ぶのはとても危険なことです。

おまとめローンに申し込む際に、一体いくつまでの借入れを一本化することができるのでしょうか

 

一体いくつの借入れを一本化できるのかという問題ですが、これに関してはとくに規定はありません。銀行のおまとめにしろ、信販会社や消費者金融のおまとめにしろ、これに関して制限があるというところはありません。

 

ただし金融機関の種類によって、おまとめローンの申し込みに関して、異なる規定がありますので、これによく注意して申し込む必要があります。
以下、低金利おまとめローンを参考に紹介させて頂きます。

 

<消費者金融及び信販会社のおまとめローンの決まりについて>

 

消費者金融及び信販会社に関しては、総量規制があります。これはどういうことかというと、申し込む方の年収の3分の1以上の貸付を行うことは出来ないということです。つまりある人が10社以上からの借入れを抱えているとします。しかし総量規制に引っかからない年収の3分の1までであれば、この方はおまとめローンを利用できることになります。しかしたとえ3社からの借入れしかない方で、年収の3分の1以上を借入れている方に関しては、おまとめローンを利用することはできません。
この総量規定は貸金業法で厳密に定められていることなので、この規定を曲げて貸付を行うことは禁止されています。では年収の三分の1以上の借入れがすでにある方はどのような手段を取ればいいのでしょうか。

 

<銀行のおまとめローンの規定について>

 

今では大手のほとんどの銀行がおまとめローンのプランを用意しています。銀行のカードローンは総量規制の適用外となりますので、総量規制に引っかかる方は、銀行のおまとめローンに申し込んでみることが出来ます。もちろん、借入れ先が複数あるということも問題になりませんので、安定した収入のある会社員の方であれば、まずは銀行のおまとめローンについて考慮してみるようにしましょう。
銀行のおまとめローンの審査は、消費者金融のものに比べるとややハードルが高いといえます。たとえば過去の返済履歴に問題があった方や、収入にやや不安のある方などについては、審査において少し不利かもしれません。ただこれまでの返済記録にとくに問題のない会社員の方などであれば、ほとんどの場合審査においても問題ないといえます。"